「腑に落ちる」という言葉があります。

意味はというと…
「納得がいく、合点がいく」とあります。

腑に落ちるの腑は臓腑の腑です。

ストンと臓腑に落ちる。

その臓腑とは…
心の底など色々なたとえがありますが、
わたしは腹の底、丹田に落ちるという感じがピッタリ来ます。

ストンと落ちて、ふと分かる時というのでしょうか。


わたしにも、そんな瞬間がありました。
自分の生きる目的が、分かった瞬間です。

あーでもない、こーでもないと考え続けていた時には、スッキリと答えが出なかったのです。

フッと分かったわたしの生まれてきた目的、生きる目的は「充実した人生を送ること」でした。

たったこれだけのことでした。

目的があって、 はじめて目標ができる。

「充実した人生」を送るためには、何をするのか?


自ずと答えが導かれていきました。